FC2ブログ

STANCEY・RAMARS M83 M84

2_201506221514359fd.jpg

先日アイウェアブランド「STANCEY・RAMARS」の撮影会があったと投稿いたしましたが、今回はその「STANCEY・RAMARS」の新モデル「M83」「M84」についてご紹介いたします。

_6224356.jpg
(左 : M83 C.8 / 右 上から : M84 C.5 , M83 C.3 , M84 C.8)

「M83」はどこか優しい表情のウェリントンシェイプ。

「M84」はフロント上部のシルエットが程よく個性的なボストンタイプの玉型です。

この2モデルの最大の特徴はフロントの構造です。

写真-2015-06-22-13-53-38
( M83 C.8)

「M83」はフロントに段差が作られており、普通のセルフレームのように、レンズを生地で囲った上からメタルリムを嵌めています。

インナーリムの変化球といった感じでしょうか。

フロントの厚みは角度と共に表情に変化をもたらします。

使用者は手に取り眺めるだけで深い満足感を覚えるでしょう。

写真-2015-06-22-13-52-59
(上 : M84 C.4 / 下 : M83 C.8)

「M84」も特徴的なインナーリム構造です。

「M83」とは逆に、正面から奥へ向かって深くなるような形になっています。

写真-2015-06-22-13-54-07
( M84 C.4)

上の写真で生地の薄さに驚かれた方はかなりの眼鏡通かと思われます。

リムとテンプルを繋ぐヨロイ部分からブロー部にかけて、リムから出た部分の厚みは約1mm。

美しく光に透ける生地のポイントは、セルロイド生地です。

「M83」「M84」の両モデルともに、生地部分にはセルロイドを使用しております。

現在、メガネに一般的に使用されているアセテート生地よりも固い性質を持つセルロイドが、これらの美しいデザインを実現可能なものにしました。


”ヴィンテージ・クラシック”がコンセプトの「STANCEY・RAMARS」のアイウェアはどれもコンセプトに忠実に、しかしありきたりでない個性を持っています。

派手な眼鏡は要らない、でも普通じゃ面白くない。

「STANCEY・RAMARS」、そんな方にお勧めしたいブランドです。


笠嶋



STANCEY・RAMARS  http://www.stanceyramars.com/
RAINCOAT   http://www.raincoat.jp/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レインコート

Author:レインコート
福井県鯖江市にあるメガネの企画会社。
活動報告や、自社ブランドの紹介をしていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR